Look Entries

62

Shopping

OFF

About the Shopping function

Turning this feature on will display Looks containing items available for purchase.

HUNTER

最初のウェリントン・ブーツは1817年に初めて登場しました。当時のメンズファッションは大きな改革の時期にあり、それまでの膝丈のズボンは踝までのトラウザーズに取って代わっていました。しかし、靴はと言えば膝丈ズボン用のヘシアン・ブーツしかなく、とてもトラウザーズに似合うものではありませんでした。そこで、ワーテルローの戦いの際、英国の英雄ウェリントン公が、ロンドンはセント・ジェームス通りにある贔屓(ひいき)にしていた靴屋に、これまでの18世紀然とした靴の改良を頼んだのです。そうして出来上がってきたものは、戦いには少々不向きではあっても社交には大変快適な、カーフスキン・レザーを使用したとてもスマートなものでした。これが“ウェリントン・ブーツ“あるいは”ウェリー“と呼ばれるようになった由縁です。このブーツは戦いに奮闘する愛国的な英国兵(紳士)の間で大変な人気となり、1840年代を通して洒落者の兵士(紳士)たちに支持されます。1850年代には少し丈が長いものがもてはやされましたが、続く1860年代に短靴が台頭してきて以降、その人気にも翳りが出てきて、乗馬用に使われるのみとなりました。 ブーツといえばレザーが当たり前だった当時、米国ではラバー製ブーツの製作が試みられ、起業家ヘンリー・リー・ノリスは、ラバーブーツ製造に適する工場を求めてスコットランドにやって来ました。これがハンター・ウェリントン・ブーツの歴史の始まりだったのです。

PREV

  • 1
  • 2

NEXT

Select brand

CLOSE

Top 100 brands styled

Not found by keywords searched

Select Magazine

CLOSE